謹んで震災のお見舞いを申し上げます。
     
 この度の東北地方太平洋沖地震及び長野県北部 を震源とする地  震で被害を受けられ た皆様に心より お見舞い申し上げます。
        私達学校関係者も、千年に一度という大惨事に対して心を一つにし     て、被災者の方々の今後の救援に取り組
んでいきたいと思っておりま     す。
  
              ○                                                      
心の陶冶のために (10)
            
                                         理事長 田澤昭吾


         
波立てる心をひたに和やけく
              おし静めつつ人や住むべし  
                                                        (大和山神歌一三四七番)

     底の浅い容器が揺れると、水の中は表面から底まで全部が波となり、深海だとその表面には波があっても、深い底には少しも波がなく、いつも平静だ。感情に激する自分の中に、もう一人の自分があることに気付き、揺れ動き変化する心を静めて、本来の心に服するのが座禅である、と言う。西田幾多郎の説だ。
   凡夫である私たち人間は、その時の機縁によって善人にも悪人にもなる。だから、悪い動機・縁と会ったときでも、悪に流されないような心の強さを修めておくのが信仰でもある。 
  人は冷たい仕打ちを受け、悪口雑言をあびると、誰でも心の中が煮え繰り返り、「目には目を、歯には歯を」でやり返し、争いや口論になってしまうことが間々ある。やり返さないまでも、それが心の奥に沈殿し、相手を快しと思わない状態をもち続け、人間関係を悪化させてしまうことが多い。なんと悲しい性であろうか。
    信仰の力とは、こうしたこころの性に負けることなく、少々のことに動揺しない心の深さを保ち得ることだ。それが心の強さであり、信仰の強さだ。
   怒りや憎しみは、判断を誤らせる。青空のように広く、澄んだ心の人でありたいと、つくづく思う。
                                                       (2011.5.23)