戦後レジームを総括する衆院選挙となるか             

 昨日の朝会で、今雅之先生がニュルンベルク裁判のことを話してくれました。ちょうど、昨日がその裁判が開廷された日だということで、朝会の話題にしたとのことでした。
 ニュルンベルク裁判というのは、第二次世界大戦後に、ドイツの戦争犯罪を裁く国際軍事裁判のことですね。行われた場所は、ナチス・ドイツの党大会開催地であるニュルンベルクが指定され、一九四五年十一月二十日から一九四六年十月一日まで開廷されました。
 この裁判は、日本の極東国際軍事裁判(略称「東京裁判」。一九四六年五月三日から一九四八年十一月十二日まで開廷)同様、戦勝国が敗戦国を裁くという文明史にない裁判といわれ、戦勝国の正当性を敗戦国に押しつけた裁判です。この二つの国際軍事裁判を二大国際軍事裁判と称しています。
  ニュルンベルク裁判では、「平和に対する罪(侵略戦争)」「人道に対する罪」という、ナチス・ドイツが行ったユダヤ人大虐殺というホロコーストを始めとする人道的事件を裁くため、「法廷による法の創造」を行い、「事後法(法はさかのぼらず)」を犯して行った裁判でした。この罪状は、東京裁判でもそのまま踏襲され、日本を侵略国家とし、南京虐殺をねつ造し、裁いたのです。
 ニュルンベルク裁判の裁判官は、連合国軍の主要国でドイツと直接戦ったイギリス、アメリカ、フランス、ソ連の四ヵ国から二人ずつ選ばれ、行われました。東京裁判では、戦勝国十一ヵ国から一人ずつ任命され、弁護団からの資料すべてが却下され、検察団の一方的資料に基づいて裁かれました。
 東京裁判では、「平和に対する罪」と「人道に対する罪」のほかに、「通例の戦争の犯罪」が加わり、裁判が行われました。通例の戦争の犯罪とは、宣戦布告なしでおこした戦争は戦争によって殺されたのではなく、普通の殺人だというようなことで裁かれたのです。
 これらの罪は、戦勝国側が作り上げた日本軍の罪を、事実かどうかを検証することなく、日本軍側に押しつけ、日本側の言い分を聞くこともなく無視し、一方的に裁いていったのです。ナチス・ドイツを裁いたニュルンベルク裁判も、日本軍を裁いた東京裁判も、勝てば官軍負ければ賊軍ということで、勝ち組が負け組を裁いた裁判以外のなにものでもありません。いずれも文明史にない裁判と批判され、第二次世界大戦後に初めて行われてきた国際軍事裁判の事例です。 戦争というのはそういうものかな、 と思います。 乱暴な言い方ですが、戦争に負ければ、その国は何から何まで根こそぎ叩かれ、罪人として全てが裁かれてしまう。
 日本が国際軍事裁判の判決から立ち直って行くには、百年は要するかも知れませんし、民族・国家の伝統及び精神が葬られてしまう危機にも立たされました。考えてみれば残酷なものだとも思います。戦後の日本は、東京裁判の罪状を背負って七十年の歩みを進めてきましたが、ここらで真の日本を取り戻さなくてはいけないと思います。
 日本の民族精神の喪失、日本人の心の荒廃が「戦後三十年後に現れてくる」という戦後日本の危機感・危惧感が、創立者田澤康三郎先生が松風塾を開塾・開校した素志であります。来るべきその日本民族の危機を打開する青年を育成するという、日本の将来を青年教育に託した創立者田澤先生の願いを、私達は決して忘れてはなりません。その危機打開の為に青年教育を始められたのが、生活学苑大和山松風塾の開塾です。昭和三十年五月一日のことです。そして、昭和四十九年四月八日に学校法人大和山学園松風塾高等学校の開校式、翌九日に第一期生入学式が執り行われ、爾来、今年四十周年を迎えました。
 「戦後三十年の危機」というのは、アメリカの占領政策の歪みであります。
 アメリカの占領政策は、再び日本がアメリカを初めとする連合国の国々の脅威とならないような国造り・改造が狙いでした。
 第二次世界大戦の時代は、コロンブスの新大陸発見以来五百年に亘って、白人が世界を支配構造の中に組み入れて来た歩みの頂点でもありました。その世界構造に対して、アジアの小国日本が、敢然と白人支配下の世界構図を塗り替えようとして、アジアを植民地下に置いていたアメリカ、イギリス、フランス、オランダの列強諸国に対して宣戦布告し、アジア解放のための戦いを挑んだのです。
  コロンブスの新大陸発見以降、世界の歴史は、ヨーロッパ、 遅れてアメリカが中心となって世界の地図を塗り替えてきました。それを、日本は、大東亜戦争によって、アジアのすべての国が白人の植民地支配から脱却し、独立国家としての歩みを始ることが出来るようにと理想を掲げて戦ったのです。結果、日本は、戦争には負けました。しかし、アジア解放の目的は、成就させたのです。日本は、五百年の長きに亘って敷かれてきた白人支配下の世界史に歯止めをかけ、世界の国々が皆平等に存立出来る体制樹立の突破口を開くことに貢献できたのです。皆さんは、こうした日本の近・現代史に誇りを持って歴史を学んで下さい。
  今マスコミは、衆議院解散ムードが盛り上がっていることに話題を集中させて報道しています。「アベノミクスを問う」が選挙の争点のようです。自由民主党は、元々自主憲法制定を謳って立ち上げた政党です。
 日本国憲法は、占領軍による押しつけられた憲法だといわれています。私もそう思います。しかし、サンフランシスコ講和条約が施行され、独立国家として国際社会に復帰できたことを契機に、憲法の見直しを図り、日本人の手で作ったという形に整えて独立国家として歩みを始めれば良かったのに、日本政府はその作業を怠ってきて、今日まで来てしまいました。初代教主さまは、晩年、吉田茂の本を熱心に読まれていたことがありました。そして、「経済唯一に政治の舵取りをしてきた罪は大きいな」と述懐されていたことがありました。今にして、そのお言葉の意味が理解されてきます。
  今回の選挙は、 安倍政権下で、 憲法改正を容認するかどうかという選挙でもあると思っています。衆参両院でそれぞれ三分の二の賛成を得なくては改正の運びとはなりませんから、 今度の選挙は、これまで「戦後レジームの脱却」と「日本を取り戻す」という安倍総理が掲げた政治姿勢が問われる選挙ともなろうかと思います。 日本は、来年、戦後七十年という節目を迎えます。そういう意味では、十二月十四日投票日の衆院選挙は、戦後史を総括する糸口となる選挙となるでしょう。
 来年皇紀二六七五年という年を迎えるに当たって、日本民族の歴史に刻まれてきた道義国家樹立という祖先の願いが今に継承されていくようになって欲しいものだと思います。天皇を君主として仰いできた日本の国風が揺るぎのないものになって欲しいものだと願っています。十四日の衆院選挙の行方を、皆さんも関心をもって見守って下さい。
                                      (2014.11.21)