ーベル物理学賞に輝いた三人の日本人研究者に刺激を受けよ        

 今日は、スウェーデン王立科学アカデミーが十月七日に、二〇一四年のノーベル物理学賞を、実用的な青色発光ダイオード(LED)を開発した赤崎勇・名城大学教授八五と天野浩・名古屋大学教授五四、中村修二・米カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授六〇の三人に授与すると発表されたことについてお話したいと思います。
 二年前の二〇一二年には、山中伸弥・京都大学教授がips細胞(人工多能性幹細胞)の開発でノーベル医学生理学賞を受賞し、日本中がその話題で賑わったことがありましたが、今度は物理学賞を三人もの日本人が受賞するという快挙で、共に同じ日本人として喜び合いたいと思いますし、誇りにも思います。全く素晴らしいです、の一言です。
 ノーベル賞は、「人類のために最大の貢献をした人」(アルフレッド・ノーベルの遺言)に贈られる賞で、日本人でノーベル賞を受賞した人は、昭和二十四年にノーベル物理学賞を受賞した湯川秀樹博士が最初で、その後はしばらく間を置いた昭和四十年に朝永振一郎博士(物理学賞)が受賞し、昭和の代では計七人の方が受賞されました。
 平成の代に入ってからは、この度の三人を含めて十五名が受賞し、昭和の代からだと延べ二十二名がノーベル賞に選ばれ、受賞しています。
 「人類のために最大の貢献をした人」として選ばれたこの度の日本人三人の研究者は、青色LED(青色発光ダイオード)を研究開発したことが認められ、授与されることになったもので、授賞理由が「明るく、省エネルギーの白色光を可能にした効率的な青色LEDの開発」だそうです。選考委員会は、世界の電力消費量の四分の一が照明に使われる中、LEDが資源の節約に大きく貢献したと、高く評価したのだそうです。
 LEDの電球や蛍光灯は、今では色んな所に普及し、使用されるようになっていることは、皆さんも知っていることと思います。学校では、まだ使用していませんが、教団本部では、最近、天峰閣御神前広間の蛍光灯をLEDに取り換えました。
 「三人が開発した青色LEDの登場により、赤、緑だけでは不可能だったフルカラーのディスプレーが実現し、LEDの用途は飛躍的に拡大した。日本発の新素材が、新たな市場を開いたのだ」
(二〇一四年十月八日付産経新聞「主張」参照)と、新聞に掲載されていました。
  LEDの効果は、普通の電球より耐久年数が違うことです。普通の白熱電球だとフィラメントが熱くなって光るのですが、その寿命は千時間から二千時間だそうです。それが蛍光灯だとガラス管の中で金属が放電して光り、その寿命時間は六千から一万三千時間になるそうです。それをLED照明にすると、LED自体が光るのでその寿命時間は十万時間にも延長されるのだそうです。しかも電力消費も、蛍光灯だと白熱電球の約五分の一、LEDだと白熱電球の約二十分の一で済むそうです。 しかも、照明の違いは、 白熱電球だと点灯時に熱を発する、蛍光灯だと明るいが点灯に時間がかかる、 LED照明だとちらつきが少なく虫が寄りつかない、という特徴があるそうです。まるでLED照明は、夢の照明のようですね。
 先ほど話したように、ノーベル賞選考委員会で高く評価した、世界の電力の四分の一が照明のために使われている実状で、これから世界のすべての照明がLEDに代わっていけば、地球環境保全に大きな貢献を果たすことになっていくでしょう。世界の電力量を、白熱電球の場合で想定すると今迄の二十分の一で済むし、蛍光灯の場合で想定すると今までの四分の一で済むことになります。これは、照明に関するエネルギー削減策として、LEDの登場は革命的な出来事でしょう。まさにLEDの開発者は、「人類のために最大の貢献者」だと言っても過言でないと思いますね。大変な発明だと思いますし、 それを日本人が開発したと言うのですから、 私達日本人にしては、誇りに感じますね。
 赤崎教授は、現在八十五歳です。LEDは、電気を通すことで効率よく発光する半導体素子で、赤色、緑色の高輝度LEDは早い段階で作られていたが、波長がより短い青色LEDについては、実用に耐える技術の開発が「二十世紀中には困難」と言われていたそうです。
 そこで、赤崎教授は、昭和四十八年に松下電器産業(現パナソニック)に在籍していた頃に青色LEDの開発に必要な窒化ガリウムの研究を始め、その後、名古屋大教授だった昭和六十年にサファイアを基板に使う手法を考案し、困難とされていた高品質の結晶を得ることに成功したのです。そして、平成元年には、窒化ガリウムの半導体の要素技術であるPN接合に成功し、青色LEDの技術基盤を確立させたのです。
当時、 赤崎教授が窒化ガリウム系が青色LEDを開発していくに必要な物質だということで研究に取り組んでも、研究者の間では、そんな物質を使っても駄目だという風潮が強く、非難される対象になっていたそうです。しかし、赤崎教授は、「いや、これが大事なんだ」ということで、周りの研究者の声を無視し、一人で窒化ガリウムを活用する研究に取り組んできた結果、遂に成功し、そのことが青色LEDの技術基盤を確立させることになったんですね。こうした、不可能に挑戦していく研究者としての心意気を、赤崎教授は、「一人荒野を行く」という言葉で表現していました。こういう気構えで、研究に取り組んできたというのです。
 八十五歳の研究者が青年のような意気込みで、青年のような志で、「20世紀中には無理だ」と学界で言われていたことに挑戦し、弛むことなく孤独な研究をしつづけてきた結果、この度ノーベル物理学賞という栄誉を勝ち取ることが出来たのです。素晴らしいですね。
 天野教授は、名古屋大で赤崎教授に師事し、高品質結晶を作製する実験に成功しました。
 その天野教授は、大学時代に登校拒否となったことがあったそうです。何のために勉強しているのか分からなくなったというのです。一般教養の授業を受けていたら、学校が嫌になってしまったというのです。そうこうしている裡に、ある教授の授業を聞いていたら、工業の工っていう文字がありますが、その工というのは人と人を結びつけていく働きがあるという意味である、と話したそうです。そして、「だから、人の為に何か役に立つということを探求するのが学問だ」と説いたのです。その言葉に、天野教授は、ピーンと来たという。そして、「もう一度、勉強し直したい」と思ったそうです。それから、勉強に真剣に取り組み、今の自分があるというのです。
 人間は、いつどこで、どういう機会に、自分の持ってる才能がパーッと閃くかわかりませんね。とにかく大事なことは、一生懸命生きていけば、そういう出会いが必ずある。私はそう信じています。
 高校生活の基本は、勉強することです。他には、部活などに精一杯取り組んでいこうとする生活もありますね。いずれにしても、高校時代には、勉強や部活などから逃げないでやり抜くことが大切です。高校時代には、日々一生懸命努力したという足跡を遺していくべきです。
 自分の頭の中で、いろいろ模索しながら、自分は一体何のために生きているんだ、自分は一生何をやればいいんだ、と凝視しながら、ある日、このためにやるぞと思うことがあったら、それに向かって一生懸命努力していくことです。それが大切です。
 中村教授は、赤崎教授によって発明されたLEDを応用し、商品化した研究者だそうです。つまり、独自の研究で、平成五年にLEDを応用した高輝度青色LEDの製品化を、世界で初めて成功させた研究者です。赤、緑、青の「光三原色」が半導体光源ですべて出そろったおかげで、フルカラー化が可能となり、光ディスクや信号機、照明器具など、LEDの利用分野が飛躍的に拡大していく方途を開き、電子産業や情報技術の発展に大きな影響を与えることになったのです。
 これからは、LEDを応用した製品が益々生活の中に取り入れられていくでしょうし、なによりも電力消費の経費がこれまでと違って大幅に削減されて行くでしょう。素晴らしい事だと思います。しかも、この技術開発を日本人が創案したというのが、誇らしく感じられます。
 二年生の青森定期演奏会を終えた感想文を読ませて貰いました。毎年感じることなんですが、最初は弾くことが出来なかった楽器が、同期と心を一つにして切磋琢磨しながら一生懸命練習し、一つの目標に向かってやっている裡に、人と人との関わりについて色んなことを学び、気付いてきています。
 毎日の練習が嫌だと思って生活していたら、閃きなんか心の中に出てきません。とにかく一生懸命やろう、と思ってやっていくことが大切なのです。
 誰かが落ちこぼれそうになったら,周りの人達の真剣さに圧倒され、一生懸命やらざるを得ない状況になったりして、いつの間にか怠惰な心がなくなっていた自分に気付き、驚いたりもしてきた生徒もいます。一つの目標に向かって練習してきたことで、自分の心に今までなかった心の世界が開かれていき、そうした心が同期一人一人にも芽生えて行っていました。皆が、一周り人間が大きくなったように感じました。自信を持って、あと残された期間を、精一杯練習して下さい。
 何事にも、準備が必要です。それが一番大切なことです。そのことを音楽の演奏会を通して学んだ筈です。
 試合とかテストは、限られた時間で終わってしまいます。しかし、それまでの長い準備期間をどう過ごしたかによって、試合の結果も、テストの結果も変わってきます。試合に、試験に臨むまでの間に、どのように努力し、準備体制を整えたかということで、結果が決まってきます。このことを忘れないようにして下さい。
 ノーベル物理学賞を受賞された三人の研究者については、配付した資料を見て、更に理解を深めて下さい。詳しくは理科の先生から授業で聞いて下さい。
 今日の朝会では、学問を通して人の役に立ちたいという志が、ノーベル賞受賞の栄光を得ることが出来たということを、しっかりと心に刻んで下さい。そして、目標に向かっている時、一人ぼっちになっても「一人荒野を行く」と言い聞かせ、研究を成功させた赤崎教授に学び、皆さんも目標に向かっていく時の力にして下さい。その寂しさに立ち向かっていく強さを持つ人となって下さい。
 今、二〇二〇年の東京オリンピックに向かって、スポーツも、学問の研究部門も、勢いよく動いているような気がします。その息吹が感じられるような気がします。この度のスポーツのアジア大会で、中学生、高校生の若い世代が色んなスポーツで活躍しているのが目立ちました。頼もしいなと思って、テレビ中継を見ていました。ちょうど皆さんの世代が、新たな日本を築くという夢を持って、目標を持って、自分を鍛錬し、自分の持っている能力を高めているのが伝わってくるようです。その力が、世のため人のために発揮されていったら、日本は世界一の道義国家を樹立していくことになっていくでしょう。
 成田博昭校長先生は、本校生徒の人間像を、「人の幸せのために生き、それを心から喜びとする」人間像を掲げ、本校の歩みを進めてくれています。
  人と人との関わりで大切なことは、 儒教で言えば仁の心です。 思いやりの心です。 そういう心が人間関係をよりよくさせていく力になるのです。よりよい社会を創造していく力になるのです。その心を見失ってしまえば、いかに科学が発達しても、知的力をつけたとしても、最後は喧噪な世の中を招いてしまうことになります。大切なものは、心の中にあるのです。人と人と交わっていく時の思いやりの心、支え合っていく心が、人間にとって大切なのです。学問は、人と人を結びつけ、世の中に役に立たせていくことが目的です。それが学問です。石館守三先生の「人生の意義」の中にも、十五歳の時、松丘保養園へ薬を届けに行った際に遭遇したライ病患者の人達の姿を見て、「科学が人の役に立つものであるならば、こういう人達にこそ科学が役に立たなくてならない筈だ」と憤り、「人がやらないならば自分がやろう」と発憤し、東京帝国大学の薬学部に進学して薬学者となり、やがてライ病治療薬の創製に成功し、アジアからライ病がなくなっていく道を開いてくれました。この人達の苦悩を救いたいと発憤する心が、科学の進歩を導いているのです。ノーベル物理学賞を受賞した三人の教授の人達から多いに刺激を受け、皆さんも人生に夢を描き進んでいく人になってくれることを期待し、一層の勉学に励んでくれることを希望します。
                                ( 2014.10.10)